リアップ 買ってはいけないのか

リアップは買ってはいけないのか

インターネットを見ていると、リアップは買ってはいけないようなことが多々書かかれています。それはなぜでしょうか?

 

リバウンドがある

リアップに使用されている成分のミノキシジルには、血管を太くする機能があります。血管を太くすることにより、血液の循環がよくなります。

 

すると頭皮の毛根にも血液が流れるようになるため、毛根の再生細胞が復活し髪の毛が生えるようになるのです。

 

しかしこのミノキシジルは、成分作用が強いので血液の流れがよくなりすぎるのです。するとミノキシジルを使わなくなると、これまで活発だった血管の働きが以前のままに戻ります。

 

そのため、リバウンドが起きてしまうのです。

副作用がある

この副作用が書籍でものってるように買ってはいけないということです。リアップには使用者のうち、8%が副作用がでると公表しています。副作用には、頭皮のかゆみや発疹、むくれ、冷え、心臓の鼓動が早くなるといtったものです。

 

またミノキシジルには不妊や精力減退も報告されています。これらのリスクを負ってまで使用することないといわれています。なぜならこれにかわる副作用のない成分があります。

 

最近では、キャピシルやm-034が代表的でしょう。最近私が参考になったリアップ 初期脱毛には、これらの比較が紹介されている記事がのっていました。