リアップX5 副作用 かゆみ

リアップX5に含まれているミノキシジルは、主に育毛剤に使用されている成分で毛細血管の血行を良くして毛母細胞を活性化することで育毛を促す効果が認められています。

 

副作用がある報告が2年間で500事例があるのをしっていますか?
これがなぜか紹介していきます。

 

ミノキシジルの怖い副作用とは?

ミノキシジルを大別すると内服薬と頭皮に直接塗る外用薬の2種類があり、内服薬の方が効果があると言われていますが内服薬は副作用が強いので日本では承認されていません。ネットで個人輸入をすれば購入はできるみたいですがオススメできません。医療機関においては基本として安全性の高い外用薬を処方しています。

 

リアップX5の場合は薬剤師の指示に従いきちんと使用すれば外用薬に比べれば副作用は心配少なく育毛に効果的な効果を受けることが可能です。ミノキシジルの効果についてもう少し説明するとミノキシジルという成分は直接毛母細胞に作用し毛母の細胞分裂を活性化させる働きがあります。

 

なので髪の成長を早めることが出来るのです。日本で外用薬として使用されているのは5%の濃度のミノキシジルで、その場合は続けて使った場合に効果が出るまで個人差がありますが6ヶ月間は様子を見る必要があります。

 

副作用が高確率で発生するのは20代

年齢が若い人だとリアップX5はミノキシジル5%は刺激がきつすぎるので頭皮のかぶれやかゆみが高確率で発生します。敏感肌の人もかぶれの副作用が半分以上の事例になっているほどです。育毛剤は腰を据えて長期的に行う必要があります。ですがミノキシジルの発毛効果は実証されていますし、髪の専門医もミノキシジルを使った治療が薄毛解消方法として一般的です。

 

また育毛治療の際にミノキシジルをより効果的にする為に経口育毛剤であるフィナステリドを併用することが勧められるケースが多いと言えます。ちなみにフィナステリドは脱毛を引き起こす成分を体の内でブロックしてくれる作用がある脱毛防止剤です。しかし良く効く薬程副作用があるのが一般的でミノキシジルにも副作用があります。ミノキシジルは元々血管拡張効果があり高血圧の人の為の飲み薬として使用されていた成分なので健康な人が内服すると低血圧となってしまいます。

 

その他にも眠気や倦怠感、頭痛に体重増加やむくみ、やはり皮膚のかゆみなどの副作用が認められていてその事から内服薬は日本国内では承認されていません。他にも内服薬の場合は髪の毛だけが増えるのではなく体中の毛が濃くなる多毛症の症状が見られます。

 

リアップX5の過去の副作用事例はどんなもの?

リアップX5の場合に多い副作用は頭皮の痒みや炎症、湿疹、脂漏性皮膚炎などです。ミノキシジル1%のリアップX5の場合使用した人の約5%にそれらの症状が見られるというので皮膚が弱い人は注意が必用です。かゆみは1、2週間は止まらないので仕事をしてる人、特に人と接する営業マンは要注意です。

 

なので市販されているリアップX5を使用するよりミノキシジルと同じ効果をもつチャップアップをオススメします。そうすればほぼかゆみの副作用は発症しないと言うことが出来ます。最後に少しだけミノキシジルの歴史について紹介すると1970年代後半に元々経口血圧降下剤として米国で開発され薬です。

 

ですが副作用で全身の多毛症が発生する頻度が高く、それで頭皮に対する外用薬の成分として有効だと使用されるようになったのです。